GALERIE ANDO Perspective Exhibition

in commemoration of the publication for 30th anniversary 

2017.12.5 tue - 12.16 sat

11:30-19:00  日・月休   東京都渋谷区松涛1-26-23

GARELIE ANDOは今年30周年を迎えました。その記念として開かれた「線・光・色」をテーマにしたグループ展をカタログにまとめ、その出版記念として開かれる展覧会です。

This collective exhibition is to commemorate the publication for 30th anniversary of the gallery. The catalogue is including about three exhibitions for the anniversary whose theme were"Line,Light,Color".

ドローイング ビューロー Drawing Bureau

この度北千住に新しいアーティストラン・スペースができました。記念すべきオープニングの展覧会に出品いたします。このスペースはギャラリーの考えるあらゆるアーティストの”ドローイング”作品に特化して、その表現の魅力や意義を伝える展示をめざしています。明確な会期を持たず比較的長い期間で常設展示のような感覚をベースに、ゲストキュレーターが展示内容を前展示とリンクしながら変容させてゆく試みをいたします。​

Now we have had a new artist run space in Kitasenjyu-Tokyo. I'll join in the first exhibition right there. This gallery focus on "Drawings" of any artists and tells its charm and importance. Exhibitions will be opened with a long period and without a certain term. And exhibitions will be transformed by a guest curator to the next show in each time.

2017年12月3日(日)から2018年1月28日(日)

:年内は12月24日(日)まで、年明け1週目の土日は休廊

2017  Dec  3 (sun) - 2018 January 28(sun)

:close from Dec.25 to 12 Jan:

guest curator: 志賀良和 Yoshikazu Shiga (sprout curation)

村田峰紀 Mineki Murata
関根直子 Naoko Sekine
栗山斉 Hitoshi Kuriyama
大田黒衣美 Emi Otaguro
上田良 Yaya Ueda
伊勢克也 Katsuya Ise
中原昌也 Masaya Nakahara

*協力: KAYOKO YUKI, MA2 Gallery, Gallery Hashimoto

​土日のみオープン 13:00-19:00

​open at saturdays and sundays  13:00-19:00

​*展示の日程についてはお出かけの前にHPにてご確認ください

please check the gallery' schedule before you visit.

東京都足立区千住仲町49-11 BUoY内2F

Naoko Sekine

solo exhibition

9 Sep - 30   2017

​日月祝休 

sunday,monday,national holidays closed

 

MA2 Gallery

東京都渋谷区恵比寿3-3-8

竹田私立図書館に作品が常設されました。

2017年5月21日から開館いたします。

この度大分県竹田市の新しい図書館に作品が常設されました。

竹田市内は古く城下町で、今も残る岡城の石垣は瀧廉太郎がそこに「荒城の月」の着想を得たことでも有名です。また江戸後期の南画家、田能村竹田の生家などもあります。自然豊かで温泉もあり、何といっても文化に関心が高い地域性が特色です。そんな竹田市の図書館に作品を常設して頂くことになりました。建築家は塩塚隆生氏。高台から見下ろすと、分割して構成された図書館の屋根が近隣の景観と呼応し、窓の開閉を自由にした館の中に入ると風が書棚の配列に沿って心地よく通り抜けます。外光を上手く取り入れ内部は非常に明るく、本当にうらやましい限りの図書空間です。

常設作品はエントランスと北側奥に大きい作品が計2点、たまに景色を変えられるように小品3点が本と同じように書棚を移動可能な状態で配されています。館内には書棚が波打つように並び、その為整理された空間を歩くのとは違って場所の起伏が微細に語るものがあるような場となっています。歩きながら本を探し出会うように、それぞれの場所で違った感覚や素材感で描かれた作品を配置しました。特にエントランスの作品は、現象的な作品で、反射と映り込みや見る位置の関係によって常に表情が変化します。日常に作品が密着し読み込まれてゆく時間を想像すると心から嬉しく思います。

是非一度お立ち寄りください。

竹田私立図書館

大分県竹田市大字竹田1979

Photo: Toshiyuki YANO

A new beautiful library is open on 21.May 2017 in Taketa City in Oita prefecture, Kyushu-Japan. And there, some of my works are installed as permanent collection.

This one year, I’d been working for this with the architect Shiotsuka Takao and the member of his atelier.

This construction which roofs are composed in separate, harmonize the prospect and the houses around it.Its inside is well-lighted, the bookshelves are placed on the way of the wind of this location, can feel a breeze good for reading. These bookshelves give a feeling like walking in a book forest.

There are various five pieces of my works inside. There is a large art piece at the entrance, this has a surface like a black mirror and it gather the view and color around, at the same time by the angle to look it some drawn figures are visible on it. Another large piece is installed on the concrete wall, closed with a glass. It’s drawn by dots in imaging a repeating movement that a figure is forming and spreading out. And three book size pieces with acrylic box flame are placing on the bookshelves as a book, it sometimes change the position.

It’s a very delighted thing to imagine the time that my works are read there for a long time. I’ll be happy if you visit there one day.